2022.02.27

Information

【テレビ放映&YouTube公開】ハリー杉山の介護を考える "生きる"を支えるプロの仕事

【テレビ放映&YouTube公開】ハリー杉山の介護を考える

2022年2月27日に、BS朝日にて「ハリー杉山の介護を考える "生きる"を支えるプロの仕事」というテレビ番組が放映され、その内容が全てYouTubeにも公開されましたので、ぜひご覧ください。

 

 

【番組概要】

タレントのハリー杉山は、父親にパーキンソン病と認知症があり、20代の頃から自宅で介護をしていたが、家族だけでの介護に限界を感じ、今、父親は施設で暮らしている。介護に関心をもつハリーが、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)と特別養護老人ホーム(特養)を訪ね、介護職の人々がどのように本人を支援しているのかを取材する。 彼が目にしたのは、「優しさ」や「思いやり」だけではない、「科学的な視点」を持って仕事をする、プロの姿だった。サ高住で目にしたのは、入居者のできることを奪わず、できそうなことは、どうしたら入居者自身ができるようなるのか知恵を絞る職員の姿。特養では、徹底した観察力と、ケアコラボというデジタルツールで本人に合ったケアを編み出す介護チームに出会う。さらに利用者がターミナル期と判断された時、介護職は本人と家族をどのように支えるのか?密着取材した。

 

【出演者】

ハリー杉山

慶應義塾大学大学院 教授:堀田聰子

 

【取材協力】

銀木犀 <船橋夏見>

特別養護老人ホーム 杜の家なりた

 

【企画】 株式会社シルバーウッド

 

【制作】 ALIVE

 

※この動画は令和3年度厚生労働省補助事業「介護のしごと魅力発信等事業(介護技能向上促進事業)」の補助を受けて制作しました。 事業の報告書作成のため、アンケートのご協力よろしくお願いいたします。