2019.05.02

Information/Diversity

【VR×LGBT研修】LGBTを一人称で"体験"する

【VR×LGBT研修】LGBTを一人称で

VR×LGBT研修とは

株式会社シルバーウッドのVR×LGBT研修では、VRの技術を活用して、当事者たちの状況を一人称で「体験」します。LGBTを「学ぶ」のではなく、「体験」することで理解につなげることを目的とした、体験学習型の研修プログラムです。

※ LGBT:セクシャルマイノリティの総称

 

90~120分の研修では、LGBTの基礎知識から始まり、3つの体験をします。体験毎に参加者同士で「当事者の視点に立ったときに何を感じ何を思ったか」を話し合い、どの様に周りが配慮することができれば状況改善につながるのか意見を出し合い、学びを深めていきます。またLGBT当事者のファシリテーターが自身の体験談などを交えながら、解説を付け加えます。

 

体験会の進行はファシリテーターにお任せください。全国で開催可能ですし、オンライン研修での実施も可能です。

 

体験コンテンツ

各コンテンツは、多くのセクシュアルマイノリティ当事者へのヒアリングによって作られました。

 

①レズビアン オフィス編

あるレズビアンの視点で、朝家で起き、会社で働き、仕事終わりにパートナーとその同僚と飲みに行くという1日を体験します。自身がレズビアンであることを職場の人たちに隠している主人公「鈴」の職場と、カミングアウトしているパートナー「紗希」の職場は、それぞれ実在する2つの職場をモデルにしており、職場でのあるある事例が詰め込まれた体験です。脚本・監督は当社社員のレズビアン当事者が務めました。日常生活の中でレズビアンの当事者がどんなところで生きづらさを感じ、職場の雰囲気やコミュニケーションの取り方の違いが本人に与える影響を当事者の立場で体験します

受賞歴:2018 年 ルミエール・ジャパン・アワード VR 部門 優秀作品賞

 

体験者の感想

  • 〇 主人公の鈴ちゃんと一緒に傷つくことができた。
  • 〇 理解のない職場だと休憩時間であっても居づらさを感じ、カミングアウトできない当事者の気持ちがリアルに伝わりました。
  • 〇 理解のある環境とそうでない環境の違いを感じられた。
  • 〇 まったく悪気なく、知らない間に当事者の人たちを傷つけていたかもしれない。

    • 〇 理解のある上司が頼もしかった。あんな職場が増えると良い。

 

②告白の日

ある父親の視点で、息子からのゲイであることの告白(カミングアウト)を受け止める体験をします。息子の真剣な告白を受けたとき、父親として体験しているあなたは何を思い何を感じるか。

このコンテンツでは当事者の立場ではなく、当事者の家族の立場で体験する事により、大切な家族の中に当事者がいるかもしれないという視点で、LGBTをより自分事として捉えることに繋げます。

監督・脚本:「やる気あり美」編集長 太田尚樹氏

 

体験者の感想

  • 〇 父親の視点に驚くほど感情移入している自分がいた。自分だったらどう受け止めるかを真剣に考える良い機会になった。
    〇 非常に考えさせられた。セクシュアルマイノリティは、どこか遠い存在のように感じていたが、VR体験がとてもリアルで今までより身近なテーマとして考えられるようになった。
    〇 LGBTは特別な存在のように感じていたが、何も変わらない普通の大切な家族と捉えることが出来て自分の心の変化に驚いた。
    〇 管理職はもちろん、全社員受講必須の研修として導入してほしい。

 

③見えるようになって鈴木は

多様性が可視化された世界でコミュニケーションはどう変わるのかを体験し、「ダイバーシティ」について改めて考えます。

 

 

東京レインボープライドに出展しました

2018年には「レズビアンオフィス編」で出展、2019年には「告白の日」で出典し、多くの当事者やアライの方々等に体験していただきました。

 

2018年の紹介記事2019年の紹介記事

 

 

お問い合わせ

研修の詳細や、研修開催をご検討の方は、気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせフォームはこちら

※VRダイバーシティ&インクルージョンのお問い合わせフォームです。研修テーマで「LGBT」にチェックをいれてください。

 

チラシはこちら