2021.09.16

Information/MSP-k

【参加者募集開始】”介護現場”のためのマネジメント研修 ー厚生労働省 補助事業 「介護のしごと魅力等発信事業」ー

【参加者募集開始】”介護現場”のためのマネジメント研修 ー厚生労働省 補助事業 「介護のしごと魅力等発信事業」ー

令和3年度 厚生労働省「介護のしごと魅力等発信事業」の補助受け、介護現場のためのマネジメント研修を今年度も開催します。
 
★チラシのダウンロード

 

★特設サイト(研修の詳細や最新情報はこちら)

 

①マネジメントスタンダードプログラムfor kaigo(6日間)

本コースでは、組織マネジメントと介護の生理学について3日間ずつ(計6日間)かけてじっくりと学びを深めていきます。座学で理論を体系的に理解し、グループワークやVRを活用したケーススタディを通じて、職員間の対話やケアの質の向上、離職防止等を推進するための手法を学ぶことができます。

 

【会場・日程】
・大阪会場(梅田駅)
 2021年11月…20(土)、21(日)、27(土)28(日)
 2022年1月…22(土)、23(日)
 
・東京会場(東京駅)
 2021年12月…4(土)、5(日)、11(土)、12(日)
 2022年1月…29(土)、30(日)
 
※状況に応じて現地とオンラインのハイブリッド開催を予定
 
【参加費】 
1事業所 5万円(3名様まで参加可)
 
【定員】
各会場30名

 

★研修効果(昨年度の参加者アンケートより)
・組織マネジメントの理解度 研修前 24.6% → 研修後 96.5%
・介護の生理学の理解度 研修前 25.0% → 研修後 96.4%
・研修後1カ月以内に、研修で学んだ内容を実践した参加者の割合 92.7%
・上記で実践した参加者の内、職場での成果があると回答した割合 100%

 

★参加者の声

現場職員から積極的な発言や言動が見られるようになった。具体的には、加算の取得を通じて、良いサービスを提供していこうという声が上がった。(社会福祉法人 慈恵会)

 

現場への権限移譲をすることができたし、職員が主体的に動いてくれるようになった。また、現場の不安感が払拭された。(社会福祉法人 愛徳福祉会)

 

以前は離職率が25%程度であったが、現在はほぼゼロになり、定着率が向上した。また、正社員割合が6割程度であったが、9割になった。(社会福祉法人 櫟会)
 

 

②介護の生理学入門勉強会(3時間コース)

介護を科学する。生理学の視点で介護を探求すれば現場に”共通の判断基準”が生まれる。”共通の判断基準”が生まれればチームでの話し合いが建設的になる。介護実践の思考過程を科学的に考えていくための入門コースです。

 

【会場・日程】
10月17日(日)15:00-18:00
11月10日(水)13:30-16:30
11月13日(土)15:00-18:00
※すべてオンライン開催
※全日程同じ内容です
 
【参加費】 
無料
 
【定員】
各日程500名

 

★参加者の声
介護の生理学の講義は、介護という仕事についての認識を改められ、介護の仕事の魅力について改めて気づくことができました。(銀木犀)

 

 

お問い合わせ

msp@silverwood.co.jp